無料
エロ
動画

剥いて。



なつこさん記事を読んで、以前、彼とこんな話をしたこと思い出した。

自分のことは自分でできるはずだったけど、いつ頃からか、彼に甘えることが増えた。
とはいっても、一つひとつはつまらない、小さいことばかり。
例えば、伊予柑やデコポンの皮剥き。
大きければひとつを分け合って食べる。
小さければひとつずつ。

皮を剥くのは彼の担当。時々、彼は私の奥さん。
私の分も剥いてもらう。

ある日、彼が反逆を企てる。


たまには自分で剥きなよ!

やだ〜! あなたが剥いてくれた方が美味しいもん!


彼は私のこの詭弁に何年も付き合っている。


たまには自分で剥きなさい!


私は世の中のいろんなメンドクサイことから、あなたを守るために忙しいの。だから


やだ! 剥いてくれないと食べな〜い! 剥いて〜〜!

もし俺がいなくなっちゃったらどうするの? 練習しとかないと困るよ


その時はその時よ。


どこ行くの〜? 行くとこあるのw? 帰って来るまで待ってるし

じゃあさ、入院とかしたらどうするの?

病室まで持ってく♪

んなこと言って、大怪我してICUに入ってるかもよ? それでもか?

うん♪ 当然!

じゃあ、死んじゃったら?

別の人、探す〜(*^_^*)

そういう女だよな(^_^;)


彼は私を知っている。
だけど、彼みたいに私を大切にしてくれる人は彼しかいない。


自己満足



わ〜〜〜 1週間も放置してしまいました^^;
熟桃さんちのオフ会に参加させていただいたり(とっても楽しかった〜♪)、お稽古ごとやお買い物であちらこちらウロウロしてたり…、あっという間なんだもん。
残念ながらここのところセックスはしてません。
でもセックスと同じくらい大好きなお買い物で素敵な収穫があったのでハッピー♪

シルクサテンのAラインワンピース。
親戚の結婚式に出席するため新調した。
あちらこちらを探してやっと見つけたと思ったら予算の倍。
何もここまでおしゃれする必要があるのだろうか? と思いつつ、服に気に入られてしまったのだから仕方ない。

普段の洋服は自分の趣味で選べばいいだけだけど、冠婚葬祭用はこの歳になるといつも困る。
大抵は、オバさんクサいか子供っぽいかどちらかなんだもの。
それに普段よりちょっとだけお出掛け、って時にも着られないと箪笥ならぬクローゼットの肥やしになっちゃうし。
結局、インポートに行くしかない。

パンプスも、これまたチョイスが難しかった。
ワンピの色に合わせたら間違いなくシルバーなんだけど、色々試し履きしてみた結果、シルバーは、やり過ぎだって気がついた。
いかにも合わせました!ってカンジ。これじゃあ小娘だ。
で、グレーの濃淡グラデーション(!)のエナメルを発見!
ワンピのデザイナーが見たら泣きそうなくらいビッチ仕様で、これで踏まれたら穴開くよねw、なピンヒール!
でもね、逆にこれくらいの方が若干コンサバなワンピにはちょうどいい。

探すのに1ヶ月以上かかったけど、大満足♪

…で終わらない。
アレを着るとなったら、できる限りきれいなシルエットを目指したシェイプアップが必要になってしまった。
現在、ストレッチと腹筋とジョギング3本立。

もしかして私、花嫁より気合い入ってるんじゃない?って位の自分が滑稽だけど、それもこれもすべて自己満足できればOKとしよう♪

その前に、鼻水止めなきゃ(T.T)








好きだったら支障ありますか?



Hさんと久し振りに携帯メールを飛ばし合う。
リアルな会話に比べるとスピードはないけど、テンポのいい遣り取りが脳を刺激する。

Hさん、何を思ったのか、


もしかしてあむちゃん結構俺のこと好きでしょ?


へっ? 何を寝ぼけたコトを?
いきなりこんなこと聞くのって何の意味があるのかしらん。
好きだったらどうだって言うのよ?
ちょっと事務的に反応してみるw


うん。支障ありますか?


さて、何て返してくるかしらん。


ある!
中で出したくなるじゃないか!



このレスをもらった時は、
はぁ? いつもそうしてるのにどんな支障?
今まではなんだと思って中出しなさってたんでしょう?
って思ったんだけど、私、一晩経ってやっと気がついた!

Hさんは、エロな場面において「好き」「欲しい」って言われたい、確かめたい人だったんだ。
私が「犯したい」って言われて求められるのが好きなのと同じように。

だけど普段の遣り取りでは、たま〜に挨拶っていうかお愛想っていうか、文章の流れで「好きよん(^.^)」って書くこともあるけど、基本的には私もHさんも、そういう甘い言葉の乱発は嘘臭いと感じるタイプ。
っていうか「この淫乱ダメ女」とか「ぷっ、変態ダメ男w」とか罵り合ってることの方が多いのに「好き♪」はないでしょ〜。
それでも私的には充分イチャイチャメールだし。

それに、子供じゃないんだからそんなことイチイチ言わなくてもわかってよ!
第一、「好き」→「中で出したい」に結びついちゃう思考回路、狂ってるし。

やっぱり、あんなことイキナリ聞いてきたのは、オナニー・デーだったのかしらん。
事後報告ないなー。



ろくでなし



特に××に行ってみようって予定がない時にHさんと待ち合わせる某街は、S谷やS宿みたいにラブホが多くないので、サービスタイムが短い週末にちょっと長居すると、へっ? て金額になっちゃう。
都心よりちょっと広い程度で特段の付加価値はないのに4時間1.5万とか…。

セックスするだけなのにそこそこのシティホテルに泊まれる金額って、どう考えても適正価格じゃない気がするんだけど、Hさんは「高いな」とは思っても「次から他のところに行こう」とは思わないらしい。

遊ぶお金をちまちまケチる人は、じゃあ遊んでくれなくていいわ、と思うけど(そんな人は実際に一人もいなかったけど、味覚や嗜好の合わない人とご飯食べるのって辛いし、セックスの合わない人といたすのも辛いのと一緒で、金銭感覚の大きく違う人と遊ぶのも辛いもの〜)、あえて相場の2倍エリアを選ぶHさんはこれまた不可解。

景気が悪いっていってもHさんの年齢だったらそこそこのお給料もらっているだろうし、扶養家族もいないから可処分所得に余裕があるのはわかる。
だけど、(私も値段を確認しないで洋服買っちゃうタイプなので人のことは言えないけど)恐ろしく金銭感覚ない人だなぁ〜、って思っていた。

しかもご飯食べたら軽く2万は超えちゃう。
それはあまりに悪いから食事代は時々私が出したり妙な気を使っていた。
いつか機会があったらどう考えてるのか聞いてみようと思っていたけど、なんとなく合点がいった。

というのも実はHさん、かなりギャンブル好きみたい。
そっか、“お金は天下のまわりもの”な人なのね。
しかもあぶく銭だったらどんな使い方しても楽しければ惜しくないもの。

何に消費の重点を置くかっていうのも人それぞれだろうけど、私は遊びと洋服とランジェリーと靴、Hさんは遊びとギャンブルってどっちもどっちだわ。
それとHさんがずっと独身な理由もわかったw
ギャンブラーが家庭持つのってキツいもん。


そんなわけで先日、いつもはお茶したり散歩して時間を潰す病院の診察待ちだけど、この間は、Hさんの会社がある隣りの駅までお出掛け♪
出勤したばかりのHさんを呼び出し、お茶に付き合ってもらう。

Hさんに影響されてFXやってみたくなっちゃったので、色々教えてもらう。
株はちょっとだけ持ってるけど、運用に興味がなくて、チャートの見方すらよくわからないレベル。

話を聞いていると、FXはギャンブル性も高いけど、堅くやれば投資だしお小遣いになりそう。
まずはバーチャル取引に登録して勉強を始めた。

Hさんは

俺たちろくでなしだな

っていうけど、否定できない^^;

最後の晩餐



テレビで「人生最後の日に食べたいもの」ってテーマでなんちゃらかんちゃら。
一般的に高級料理と言われるメニューがでてくるんだけど。

彼が訊く。

あむは何が食べたい?

あなたの豚の竜田揚げ♪

※下味に卵を混ぜて漬け込む。直前に片栗粉、白ごまを揉み込んで揚げる。
表面パリッ、なのに中はふんわり衣になって美味しい。
付け合わせは山盛りキャベツの千切り。

基本的におかずを作るのは私、お味噌汁を作るのは彼。
だけど、ご飯作るのめんどくさいなー、って時に「作って作ってー♪」って頼むw

毎日炊事していない男性って、片付けながら作ったり、タイミングを合わせる(温かいものは温かく、冷たいものは冷たく)のが苦手なのかな?
任せっきりにすると、お味噌汁が冷めちゃったり、逆におかずが冷めちゃったり、ってなって精神衛生上よくないんだけど、豚の竜田揚げは、彼が段取りよく作れるメニューのひとつ。
もちろん味もバッチリ♪

それにキャベツの千切りに関しては、悔しいことに私より上手い(っていうか私がめちゃくちゃ下手なだけなんだけど^^;)。
実際、機械より上手いと思う。調子に乗っていつも切り過ぎちゃうんだけど、まるで歩く千切りマシーンw

人生最後の食事は、どんな贅沢な食材よりも、どんな豪華なテーブルよりも、食べ慣れた好きな味を食べたいと思うけど、やっぱり自分で作るより、楽したいな〜w
大好きな彼の作った料理を「美味しい♪ありがと(^.^)」って感謝しながら食べて死ねたらかなり幸せだ。
だから、彼の豚の竜田揚げなの。

彼はよくわかってる。


豚の竜田揚げなら、自分は食べるだけだもんな!

そ♪ じゃあ、あなたは何食べたい?

うーーーん、うぅーーーん


答えに詰まる彼…
つまり、私の手料理でスペシャル好きなものがないってことかいっ?


じゃーさー、特にないなら鍋でいいじゃん ←(具材切るだけw)

う、うん…。せめて水炊きくらいにしてくれ  ←(スープ作らなきゃ)


外で食べるとしたら、やっぱり二人で長年通い続けているイタ飯屋かな。
自分ちみたいに落ち着くから。
サラダと○○○○と××××と※※※※※※をつまんで、それぞれ大好きなパスタとピザ頼んで、その店で一番高いワイン頼んだって、ちょっとワガママ言ってメニューにないもの出してもらったって、高級レストランで食事するほどの贅沢じゃないけど、とても幸せな最後の食事だと思う。


二人の結論は、

「何を食べるか」より「誰と食べるか」だよね〜♪




close